September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

計算書類、計算書類等、計算関係書類、財務諸表

「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」第一条によれば、「財務諸表」は、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書及びキャッシュ・フロー計算書を意味しています。

「計算書類」と「財務諸表」とはどう違うのでしょうか?

計算書類」は会社法に定められている用語であり、いわゆる財務諸表の類を会社法の世界では「計算書類」と呼びます。
概念は似ていますが、一点大きな違いがあります。
財務諸表に含まれている「キャッシュ・フロー計算書」が、計算書類には含まれていないのです。

「計算書類」に似た言葉で、「計算書類等」や「計算関係書類」などがありますが、これらの違いも整理してみましょう。
具体的には下表をご覧ください。
 
計算書類等 事業報告
事業報告の附属明細書
計算関係書類 ※ 計算書類 貸借対照表
損益計算書
株主資本等変動計算書
注記表
計算書類の附属明細書
※ 成立の日における貸借対照表、臨時計算書類、連結計算書類も含まれますが、本表では除外して記載しています。

概念としては「計算書類等」が一番広く、
計算書類等 > 計算関係書類 > 計算書類
となっています。

 
pagetop