December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

DES(デス)について

デス(DES)とは、デット・エクイティ・スワップ(DEBT EQUITY SWAP)の省略語です。
文字どおり、デット(負債)とエクイティ(資本)をスワップ(交換)する取引です。

投資家からみれば、貸付金が株式に変わります。
募集株式発行(増資)の際に、金銭(現金)を会社に払込む代わりに、会社に対して有する金銭債権(貸付金)を充ててもらう手続きです。

会社からみれば、借入金が資本金に振り替えられます。

会社法第207条第9項第5号には、
「現物出資財産が株式会社に対する金銭債権(弁済期が到来しているものに限る。)であって、当該金銭債権について定められた第百九十九条第一項第三号の価額が当該金銭債権に係る負債の帳簿価額を超えない場合 当該金銭債権についての現物出資財産の価額」
とあります。

通常、負債(借入金)は会社の帳簿上当初の借入金額で計上されていると思いますので、「価額が当該金銭債権に係る負債の帳簿価額を超えない場合」というのは特に気にする必要がない部分かもしれません。

「弁済期が到来しているものに限る」という点には注意が必要です。
すでに返済期日を迎えている借入金でないと、デスはできないということになります。
pagetop